歴史ある神社仏閣

神奈川県の西部の箱根は昔から交通の要所であり、関所が置かれていたのです。また温泉や湖もあり近年は観光スポットとして人気を集めています。箱根は古くから発展してきたために、史跡や遺跡も非常に多いのは特徴です。まず箱根の全体の歴史を知るなら、箱根町湯本の箱根郷土資料館がおすすめです。模型やパネルを使って箱根の歴史がわかりやすく説明されています。同じく箱根町には江戸時代に幕府が旅の人のために作った畑宿一里塚の跡があります。また南朝の武将の新田義貞の孫の新田義則の墓と言われている新田塚もあります。それから箱根町湯本には戦国時代を開いた男と言われる北条早雲ゆかりの早雲寺があります。そして箱根町の元箱根には仇討ちで有名な曽我兄弟の墓があります。さらに箱根町底倉には戦国時代に豊臣秀吉が小田原攻めのときに、家来たちのために作ったと言われる太閤岩風呂の跡があります。また箱根と言えばやはり関所で箱根関所が江戸時代のままに建てられています。再現された関所には資料館もあり、当時のことをしのぶことができます。さらに元箱根の国道1号線に沿って石仏群が並んでいて壮観な眺めです。そして元箱根にある箱根神社は源頼朝にゆかりのある神社で戦国時代に1度焼けていますが、徳川家康が建て直したと言われています。それから箱根町芦之湯には、本居宣長たちがここで集会を開いたという東光庵熊野権現旧跡の建物が再現されています。

詳細へ